舞妓フェイスパック - 雅(みやび) - ■送料込

舞妓フェイスパック - 雅(みやび) - ■送料込

販売価格: 1,800円(税別)

(税込価格: 1,944円)

完売いたしました

 

京都を愛して、京都のよさを多くのみなさまに知っていただきたい・・・という思いをお届けします。
フェイスマスクとしてもアートポスターとしてもお使いいただけるよう、特別な仕様でお作りいたしました。
どうぞよろしゅうお願い申し上げます。
 
 

 新しくなった舞妓フェイスパックは、京都在住の代表的なイラストレーター
ながたみどりさんの作品です。
そのまま飾れば、舞妓さんの美しいイラストとして・・・
顔の部分を切り離すと、フェイスマスクとしてご使用できます。
舞妓フェイスマスクは、お手持ちの化粧水を含ませて、肌に潤いをあたえるフェイスマスクです。
 

○フェイスマスク 2枚
 B4サイズ タテ型
 イラストポスターとしてもフェイスマスクとしてもご使用いただけます。

○あぶらとり紙 5枚
 1枚で顔中使えて満足の大判サイズのあぶらとり紙です。
 お好みの大きさに合わせて、切ってもお使いいただけます。

○紙筒ケース

※あぶらとり紙・紙筒ケースの製作は京都の鈴木松風堂

 

舞妓フェイスパック(雅-みやび-)

 


額装イメージ(額はセットに含まれておりません)

 

フェイスパック部分

 

 

【使用上のご注意】

○目に入った時は、こすらずにすぐにきれいな水で洗い流してください。
○お肌に、傷・はれもの・湿疹、かぶれ等のある場合はご使用をおやめください。
○お肌に異常のあるとき、またはお肌にあわないときはご使用しないでください。
○長時間のご使用や、マスクをつけたまま眠らないでください。
○衛生上、一度ご使用のマスクは繰り返し使用しないでください。
○マスクは水に溶けませんので、水に流さないでください。
○お子様の手の届かない場所に保管してください。

決済に関しまして

 

長寛堂のネットショップに関しまして、現在のところクレジットカード決済のみの対応となります。他の決済方法に関しましては、準備中です。

1.取り扱いカードはVISA/MASTER/DINERSのみとなります。
2.1回払のみの取扱いとなります。
3.クレジットカードの控えは当店からは、送らないので、クレジット会社から送付される利用明細をご確認ください
4.当店における決済手数料は無料です。
5.弊社ではSSLというシステムを利用しています。カード番号は暗号化されますので、ご安心ください。
6.ご注文者名義がカード名義人ご本人様と確認できない場合、前置き無くキャンセル扱いとなることがあります。


 

 

配送に関しまして

 

商品の配送は、定形外郵便での配送となります。


 

 

舞妓とは?

 

世界中から多くの観光客が訪れる古都京都。そこで芸妓になる前の、16歳から20歳前後の少女を舞妓とよびます。日本の素敵な文化である舞妓さんは、舞や三味線などの芸事や「お座敷」でのお客様の接待を約5年間修行した後、芸妓となります。
若くして、伝統を重んじ、花柳界で煌びやかに着飾り、美しさと優雅さを競っている舞妓たちは、修行の後、芸と教養の双方を備えた洗練された芸妓へと成長していきます。彼女たちは、まさに日本の歴史と文化を伝える役割を担う貴重な存在なのです。


 

 

 

 

舞妓さんのこだわり


舞妓さんが身につけている着物や髪型には、長い歴史から育まれたたくさんのこだわりがあります。


○かんざし


毎月四季折々の花や小物をあしらって、季節感をあらわします。
年数を重ね、芸妓となる時期が近づくにつれて、着物と同じく、かんざしもシンプルで落ち着いた物になってきます。

 

 

○扇


舞妓さんの舞に欠かせない小道具の一つが扇です。
その美しい意匠と色彩は、舞妓の舞をより一層優美に引き立てます。

○紅

 

舞妓さんの紅は、とても鮮やかな紅色ですが、棒紅と呼ばれる、細く小さな固形状のものを、容器にとって水で溶いて塗り、艶出しと唇の荒れを防ぐために、飴を溶かしたものを紅筆につけて重ね塗りしています。

 

○花名刺(はなめいし)

 

花名刺は、京都の舞妓が持つ名刺の一種で、背景には季節を表した柄や、干支やおもちゃ、道具などの柄が描かれています。
花街では、舞妓さんがお客さんに、自分の名前のはいった花名刺を渡すという習慣があります。
この花名刺をお財布にいれると、お金が舞い込む(舞妓む)と言われていて、縁起の良いものとして人気があります。

 

○花かご

舞妓さんが出掛ける時に持つバックを、花かごといいます。底部は籠になっている巾着袋で、舞扇が入る大きさです。上部の生地や柄で季節感を出します。この花かごを両手で抱える姿は女性らしく素敵です。舞妓フェイスパックのパッケージは、この花かごをイメージしています。

 

 

 

 

 

舞妓フェイスパック監修



司太夫(つかさ たゆう)さんプロフィール


 

幼少より日本舞踊や琴、茶道を習い始め、中学卒業と同時に舞妓になる。年季があけて舞妓をやめた後、嶋原の置屋よりスカウトされ、芸妓の最高峰である太夫となり、司太夫としてデビューする。
現役の太夫としても、お座敷を務めると共に、映画やドラマ等の京言葉や所作指導、マスコミや講演活動等、嶋原の活性化のために東奔西走。現在日本に5人しかいない貴重な太夫の1人である。
昨年、独立し置屋兼お茶屋【末廣屋】を開業。親しめる花街を目指す。

 

司太夫さんのコメント

 

舞妓さんになるには、お化粧だけでも大変な作業が必要ですが、はんなりと可愛らしい舞妓フェイスパックで、一時舞妓になりきりましょう。楽しみながら、心もお肌も舞妓さんのように、しっとり艶やかになりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

葵太夫さんプロフィール

 

言う舞妓)となり、母と共に伝統文化の継承に勤しむ傍ら、タレント「朱伽…あやか」として、ナレーターやドラマ舞台で役者として活躍。
2014年11月、15年間の振袖太夫を終え【葵太夫】としてデビュー。禿→振袖と言う昔ながらの正式な手順を踏み太夫となるのは50年ぶりの事である。お披露目は世界遺産の下鴨神社にて執り行われ、その様子は各メディアが特集を組んだ。
多彩な芸と豊かな教養で知られる嶋原太夫の若き継承者としても今後の活躍が期待されている。

 

葵太夫さんのコメント

 

舞妓さんは、近寄りがたい存在だと思われがちですが、舞妓フェイスパックで、みんなで気軽に舞妓の気分を味わってください。そして、素敵な日本の文化を、肌で感じながら、世界中で楽しんで使っていただけたら幸いです。

 

 

 

 

※発売元である「長寛堂」のロゴは、書家 竹本大亀先生の揮毫です。かわいい舞妓さんのイラストは京都在住のイラストレーターながたみどりさんです。

舞妓フェイスパック - 雅(みやび) - ■送料込

販売価格: 1,800円(税別)

(税込価格: 1,944円)

完売いたしました

Facebookコメント